トップページ 4つの学科 看護学科 二年課程トップ│看護師

pass_rate.jpg

看護学科 二年課程 の3つの特長

特徴1 授業

解剖学、生理学などの専門基礎分野については、東邦大学病院、東京健康長寿医療センターなどから各専門分野の講師を招いています。
学生にも好評の「ハーブ石鹸づくり」や「ブタのミニ解剖」、災害看護・国際看護、リンパドレナージ、情報処理、英会話など、時代のニーズに応じた実践的な授業が特徴です。

特徴2 実習

大学病院をはじめ全国トップクラスの最先端医療を担う病院で臨地実習を行います。
実習にあたっては実習担当教員が学生を日々フォローしますので、万全のコンディションで実習に取り組むことができます。実習の成果は「ケースレポート」にまとめて発表するなど、看護について考察、評価する視点も養います。

特徴3 サポート

1年次より学習担当教員が学生一人ひとりの学習レベルを確認しながら指導、サポートします。学生と教員の距離が近いのも本校の特長。相談しやすく、助け合いながら楽しく学べる環境づくりを心がけています。
臨地実習終了後は、特別補講(朝・夜スペシャル)など、さらにサポートを強化し国家試験本番にのぞみます。

看護学科二年課程 新着情報

学生データ

准看護士から看護士を目指して共に学んでいます。

平均年齢(2016年度1年生)

看護学科 二年課程

29

最年長:58歳
最年少:18歳

学生データ(2016年度1年生)

graph.gif

看護学科二年課程
学科長 小林里美

楽しく学び、人間としても大きく成長しましょう!!

 看護は知識や技術はもちろんですが、常に人と接していく職業ですので、人間性を大きく問われることになります。そこで私たち看護学科では、教育にFISH 哲学を取り入れています。
 豊かな人間性をはぐくみ、看護に必要な知識、技術、態度を習得し社会に貢献できる人材育成をめざし、「人を喜ばせる」「注意を向 ける」「態度を選ぶ」「学習(仕事)を楽しむ」の4つの原理をもとに、魅力あるカリキュラムを編成しています。楽しく学ぶことで自分たちの学習に価値を見 出し、知識はもちろん人間としても大きく成長してほしいと思います。