トップページ 4つの学科 理学療法士 専門学校|リハビリテーション学科トップ リハビリテーション学科Blog 【理学療法士】東京衛生学園が社会人・大学生に選ばれる理由~リハビリテーション学科編~

リハビリテーション学科Blog

【理学療法士】東京衛生学園が社会人・大学生に選ばれる理由~リハビリテーション学科編~

2015年07月14日リハビリ

現在社会人として働き、キャリアアップのために理学療法士の資格取得を考えている方、大学生として就職を考える中、理学療法士としての新たな道を検討中の方、皆さんはどんな基準で学校を選んでいますか。

東京衛生学園のリハビリテーション学科は理学療法士を養成して今年で37年目を迎えます。これまでに数多くの卒業生を輩出しておりますが、その中には社会人・大学生という立場から転身して本校に入学し、そして現在も理学療法士として活躍している方が数多くおります。今年の新入生も約40%が社会人・大学生からの入学者になります。

なぜ、東京衛生学園は社会人・大学生に選ばれているのか?
本校在校生へのアンケート・卒業生の声を元に、その理由をお伝えしたいと思います。

◎3年間で資格取得が目指せる
大学生の立場からすると少しでも早く社会で活躍したいという気持ちがあると思います。社会人の方は少しでも早く社会復帰したいという気持ちではないでしょうか。
理学療法士養成校には大学・専門学校という区分の他、3年制と4年制という違いもあります。東京衛生学園は3年制なので、1年早く理学療法士としてキャリアを積み始めることができます。
理学療法士は「経験年数」で評価されることが多く、この1年の差は非常に大きいです。

◎伝統校だからこそ、就職に有利
大学卒業後、社会人として10年。そこから転身して理学療法士として働くときには30代後半。真っ先に考えるのは「就職先はあるだろうか?」ということではないでしょうか。そんな時に強みを発揮するのが「伝統」です。数多くの卒業生を輩出しているからこそ、数多くの病院・施設との縁があります。東京衛生学園は伝統校だからこそ就職に強い。そんな理由で本校は選ばれています。

◎理学療法士に必要なスキルが身につく
「手に職を」という想いから転身を考えている社会人や大学生の方にとって、一番必要なことは「生涯働き続けることができるスキルを身につける」ことではないでしょうか。「スキル」といっても「治療に関する技術的なスキル」もあれば、「患者さんを理解するためのスキル」や「患者さんや他職種の方々とのコミュニケーションスキル」など、生涯働き続けるためには多くの「スキル」が必要になります。
東京衛生学園では理学療法士として生涯働くために必要となるスキルをしっかり身につけてもらうための授業を提供しています。そんなところも本校が社会人・大学生の方たちに選ばれている理由の一つです。
(リハビリテーション学科・広報室)

▼社会人・大学生から入学した在卒生の声
在校生の声 ~大学、社会人経験を経て理学療法士をめざす:高校時代からの夢を実現!
在校生の声 ~介護福祉の仕事から理学療法士に。リハビリを必要とする人を自分の技術でサポートしたい!
卒業生の声 ~システムエンジニアから理学療法士に。リハビリでお年寄りを支えています~
卒業生の声 ~大学新卒で進学。卒業した今だからわかる衛生学園の魅力とは?~

▼東京衛生学園の特色ある授業
日常生活活動論
リンパドレナージ
オリエンテーションセミナー

▼本校がどのような教育を行っているのか、また理学療法士の仕事についてもっと知りたいという方はぜひ「体験入学」にご参加ください。
 >>体験入学
  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png