トップページ VOICE 小田 彩乃

VOICE

東洋医療総合学科 小田さん

先生方の個別指導が本当にきめ細やか。
一つひとつ問題を解決していくので、成長を実感できます!

鍼灸マッサージ師

小田 彩乃 さん

東洋医療総合学科 3年
(都立成瀬高等学校 卒業)

  • 在校生

入学前は高校生

Q.鍼灸マッサージ師を目指そう思ったのはどうしてですか?きっかけなどを教えてください。

高校のときの友人に「小田ちゃん、人の身体触るの好きだし、マッサージも上手いから、そっちのほうに進んでみれば?」と言われたのがきっかけです。色々調べていくうちに「鍼灸」についても初めて知り、興味が出てきました。

Q.東京衛生学園に入学した決め手は?

体験入学への参加です。実技の模擬授業を受けて衝撃を受けました。これは自分でもやってみたいなと。先生方や学生さんたちの鍼灸マッサージに対する熱い思い、フレンドリーな雰囲気も良かったので、衛生学園に決めました。

Q.入学して授業を受けてみて、どうでしたか?

鍼灸実技練習 まずは先生の見本を「しっかり真似ること」を教わりました。姿勢、鍼の持ち方など、先生が学生一人ひとりをチェックしていき、間違ったところは修正していくので、徐々に整っていきます。
ただ、初めて人に鍼を刺したときはとても緊張しました。「怖いな、痛くないかな」と不安で不安で…でも、すんなり鍼が入ったときは、「私にもできるんだ」と感動しました。

Q.先生が一人ひとりチェックしていくという部分、もう少し詳しく教えてください。

実技の授業は先生が必ず2~3人ついているので、声をかけるとすぐにかけつけて、姿勢や手足の位置など、こまめに何度でも教えてくれます。間違っていれば、まず先生が見本を見せてくれて、「ここが違う」というポイントを明確に指摘してくれます。自分の技術を客観的に見るということが、自分ではなかなかできないので、見てくれる先生がいつでもそばにいるというのが本当に有難く、良い環境だと思います。
鍼灸だけでなく、あん摩マッサージ指圧も同じです。例えば、先生のアドバイスで姿勢や圧の方向を少し変えるだけで、圧の乗り具合や患者さんの受ける印象がガラッと変わってくるんです。

Q.指導が徹底している分、学生さんも気が抜けませんね。

ヨモギ採集(モグサづくり) はい。夏休みに出るお灸、鍼灸の宿題もとっても大変でした。
でも楽しいこともたくさんありますよ。例えば1年生の夏、艾(もぐさ)の原料になるヨモギを採集するという授業。近くの多摩川までみんなで行って、日蔭に荷物を置き、ヨモギを摘むのですが、合間にキャッチボールしたり、遊具で遊んだり、キャッキャと騒いでプチ遠足気分が味わえました。(鍼灸ブログ:ヨモギ採り)
幅広い年齢層の仲間・先輩方と一緒に学べるのは、年少の自分にとってプラスになっていると思います。

Q.最後に、将来どんな医療人になりたいですか。

患者さんの気持ちを大事に、しっかりと向き合って、最後は笑顔で帰ってもらえるような、そんな鍼灸師になりたいです。年齢問わず、色々な人に頼りにされる医療人をめざします。

  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png