トップページ VOICE 大久保 美紗

VOICE

大久保 美紗

鍼で「第二の人生」を歩みたい!
セカンドキャリアとして国家資格をめざしています。

鍼灸マッサージ師

大久保 美紗 さん

東洋医療総合学科1部(昼間)3年

  • 在校生

入学前は社会人

鍼で、「第二の人生」を歩みたい

高校を卒業してすぐソフトボールの実業団チームに選手として入団しました。「第二の人生」について考え始めたのは、それから10年ほど経ったころ。いろんな可能性について考えているときに思い出したのが、若い頃にお世話になった「鍼」でした。治療した後すぐに症状が改善して「あの細い鍼で、どうして痛みがなくなるんだろう」と、興味を持っていたんです。私が治してもらったように、今度は自分の手で誰かの痛みを取ってあげられるかもしれない…そんな気持ちが膨らんでいき、「鍼灸マッサージ師」をめざすことにしました。これまで競技一筋で頑張ってきたので、セカンドキャリアとして将来に役立つ国家資格を取得したいと思ったのも大きかったですね。

しっかり学びたいから、厳しい衛生学園へ

学校選びをしている頃は、鍼灸の世界を全く知らないまま、いくつかの学校見学に参加しました。衛生学園は唯一「うちは厳しいよ」と明言してくれたのを覚えています。ずっと厳しい環境でスポーツをしてきたし、少しくらい厳しい方が自分の気持ちも引き締まって着実に勉強できると思ったんです。体験入学の際に見た先生と生徒のやりとりがとてもフレンドリーで、この雰囲気の中なら東洋医学の知識を全く持っていない私でも頑張れるんじゃないかという気持ちにもなれました。

未知の世界に飛び込むのは、面白い!

ひたすらソフトボールを頑張ってきた私にとって、東洋医学という未知の世界を学ぶことはとても刺激的でした。「東洋医学概論」や「弁証論治」などの授業では、先生方がとても楽しく、分かりやすく教えてくださいました。覚えることが多くて難しそうだと感じた科目でも、理解できるたびに「面白い!」と思えるようになりました。
実技もとても苦戦しましたが、先生方の指導をしっかり聞きながら練習を重ねていくことで、少しずつ身に付けることができました。そうやって自分自身の成長を感じられるのがとても面白いです。

自習や実技の練習は、放課後に図書館や実技室開放を利用するなど、基本的に学校でやることにしています。分からないことがあれば先生に質問できるし、施設も充実しているし、こんなに良い環境はないと思います。平日は授業、自習、バイトで一日があっという間に終わってしまいます。そのかわり、土日にはプライベートな予定をたくさん入れるようにしています。身体を動かしたり、学校以外の友達と遊びに行ったり、家族に会ったりして気分転換しています。

学校生活の中で一番楽しいのは、クラスメイトと一緒にいる時間。年齢も経歴もバラバラですが、みんなで勉強を教えあったり、テストが一段落したらご飯を食べにいったりして、どんどん仲良くなりました。今では、年上でも年下でも関係なく、なんでもフランクに言い合える関係になっています。衛生学園では厳しいこともたくさんありますが、楽しい仲間たちと、同じ目標に向かって頑張れるから乗り越えられるんだなと実感しています。

患者さんに信頼される治療家をめざして

目標は、「またお願いしたい!」と思われる治療家になること。そのためには高い技術と知識を身に付けることはもちろん、挨拶や態度、患者さんのことを考えた言動など人としての姿勢も大切になってくると思います。自分のことより、患者さんのことを第一に考える。あたりまえのことかもしれませんが、それをあたりまえにするのはとても難しいんですよね。衛生学園の先生方からその姿勢をしっかり学んで、ゆくゆくは世界中で活躍できるようになりたいです。

私は衛生学園の厳しい環境に身をおいて良かったなと思います。「なんでこんなにテストが多いの?」「なんでこんなに実技の課題が厳しいの?」と思うことも正直あります。でも、それを乗り越えたときの達成感はとても大きいですし、知らず知らずのうちに技術や知識が身についているんです。どの道を選ぶかは自分次第ですが、この素晴らしい環境で仲間たちと共に頑張る3年間は必ず将来につながると私は思います。

  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png