トップページ VOICE 橋爪 香織

VOICE

橋爪 香織

必ず「なぜ?」を考え、医師と患者さんのパイプ役に。
皆が笑顔でいられる看護を実現したい。

看護師

橋爪 香織 さん

看護学科二年課程 2008年卒業

  • 卒業生

准看護士としての自分の成長に限界を感じて

准看護師として10年勤務した後、自分の成長に限界を感じ、
看護師の国家資格を取得するため本校へ入学しました。

資格取得を絶対条件として、家族に学費を負担してもらったので、
看護学科の手厚い国家試験対策は大きな心の支えになりました。

特に印象的なのは「夜スペシャル」という模擬問題集。
先生が授業後に特別問題を持ってきてくれて、
友達と毎日遅くまで問題を出しあうなどして活用しました。
みんなでワイワイ…あっという間の時間でした。

次の夢は認知症の認定看護師になること

そのおかげもあって念願の看護師になれた今、
次の夢は認知症の認定看護師になることです。
認知症の患者さんは、医師との関係作りが成立せずに、
自分の納得した治療を受けられないケースが多く見受けられます。

この現状を打破するため
「物事には必ず理由がある。それを見極めなさい。」
という本校の教えを実践していきたいです。

患者さんが想定外の行動をしたときにも、「なぜそうしたのか」と考え、
医師と患者さんのパイプ役になれたらと思っています。
患者さんもご家族も、そして私たちも…
皆が笑顔でいられる看護を実現していきたいと考えています。

  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png