トップページ 4つの学科 理学療法士 専門学校|リハビリテーション学科トップ リハビリテーション学科Blog 【理学療法士】平成30年度 オリエンテーションセミナーを実施しました!

リハビリテーション学科Blog

【理学療法士】平成30年度 オリエンテーションセミナーを実施しました!

2018年06月22日リハビリ

6/15(金)~16(土)の2日間、理学療法士をめざすリハビリテーション学科の1年生(40期)が一泊二日の研修「オリエンテーションセミナー」に取り組みました!

オリエンテーションセミナーは東京衛生学園専門学校 リハビリテーション学科の特長的な授業の一つです。

セミナーでは、理学療法士の役割について学び、リハビリテーション全体の認識を深めます。
病気やケガで障害をもった患者様、その担当理学療法士の方からお話を伺うことで、障害についての理解を深め、リハビリテーションの在り方、そして今後3年間の学生生活の中で何をどのように学んでいくかを考えます。

学生は8~9名のグループになって2日間を過ごします。クラスの親睦が深まるきっかけにもなります。
午前中は、毎夏実施されるアメリカ研修旅行の案内やペットボトルを使ったアイスブレークでリラックス。
そして午後は、患者様との意見交換会です。



まずは患者様を迎えるため、机や椅子の配置を考えます。
挨拶から意見交換までの流れ、質問事項の整理など各グループで真剣に話し合いました。
患者様、そして理学療法士の方がいらっしゃって意見交換会がスタート!

病気やケガの発症から治療のこと、リハビリのこと、理学療法士との関係性などグループごとでいろいろなお話を伺いました。











義足の患者様からは、実際に脱着するところを見せていただいたり、
理学療法士の方から更に細かな解説と義足の仕組み・構造を教えていただきました。
また、車を見せていただく1コマも!アクセル操作とハンドル操作が手元で同時に行えるようカスタムされていました!



約2時間の意見交換会を終えると、翌日の報告会発表に向けたまとめ作業です。
それぞれが感じたことを共有し、グループの感想としてまとめます。







夕食を済ませた後も、発表準備は夜遅くまで続きます…


翌日は朝から発表がスタート!どのグループも熱のこもった発表で、他のグループからも質問がありました。
最後は一人一言ずつ感想を発表し、平成30年度 オリエンテーションセミナーが無事終了しました。





理学療法士になるためにどんなことが必要か考えることができる2日間になったことかと思います。
これから3年間、この気持ちを忘れずに1日1日頑張っていきましょう!



そして最後に、ご協力くださった患者様、理学療法士の皆様、本当にありがとうございました!
  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png