トップページ 4つの学科 理学療法士 専門学校|リハビリテーション学科トップ 教員一覧|理学療法士 東京衛生学園専門学校│リハビリテーション学科教員紹介・内藤貴司

教員一覧

内藤 貴司

患者さんの人生の伴奏者である理学療法士。目指してみませんか!?

出身地
北海道
趣味・特技
オーケストラ(ホルン演奏)
主な担当科目
・理学療法概論Ⅰ
・解剖学実習Ⅰ
・装具学
先生に聞いてみました!

理学療法士を目指した理由は?

元々、獣医さんになろうと思っていましたが、受験に失敗しました。父親の仕事の関係で、周りに障がいをお持ちの方がいらっしゃる環境で育ち、また近所のおじさんたちが理学療法士だったこともあり、理学療法学科に入学しました。

教員になったきっかけ・理由は?

理由は2つ。1つは、元々、なろう思っていなかった私が理学療法士になってみて、とても良い仕事だと思ったので、迷いのある・迷いが出た学生にアドバスができるかな!?と思ったこと。もう1つは、管理職を経験してみて、学生時代から診療報酬や制度のことをちゃんと知っておくべきだと思ったこと。

学生さんにどんな理学療法士になって欲しいですか?

患者さん・ご家族を笑顔にできる理学療法士になって欲しいなと思います。
笑顔にするためには、理学療法士としての知識や技術も大切ですが、それだけでは笑顔にできません。サービス提供者として、患者さん・ご家族が何を求めているのかを察せなければなりません。「相手が何を求めていて、自分は何をすべきなのか」を今から自分に問い続けていけば必ずそういう理学療法士になれますよ。

授業や学生指導で心がけていること(大切にしていること)はなんですか?

質問されて、その答えが正解であれば、そこはもう分かっている訳ですから、改めて勉強する必要はないですし、間違いであれば、分かっていないということになるので、次に間違わないように勉強すれば 良いということになります。たくさんの Try & Error 経験できれば必ずStep up します。そういう相互方向の授業にしたいなと心がけています。

入学希望者へ一言!

理学療法士になったら、色んな患者に対応できなければなりません。勉強だけでなく、遊びやアルバイトなどなどたくさんのことを経験することで色んな患者さんに対応できるようになるのだと思います。
時間を大切に、とにかく様々な経験をして欲しいなと思います。