トップページ 4つの学科 看護学科 二年課程トップ│看護師 看護学科3年制(2022年4月課程変更計画中)

自ら考え行動できる
看護師の育成をめざします

超高齢化社会がすすみ、多様化する医療現場において、看護師に期待される役割はますます増えています。本校ではグループワークを数多く組み込んだカリキュラム、図書室などの自己学習環境、そして個別対応を重視した教員のサポートにより、「自ら考え行動できる」看護師の育成をめざします。

さまざまな情報を発信してまいります

2022年4月入学ご検討の皆様へ

※募集要項・願書については、資料をお申込いただいた方へ完成次第お送りします
(再請求は不要です)

学び&サポートの特長

看護教育68年 / 看護学科卒業生約7,500名の
実績を活かしてサポートします

  1. 伝統と実績を活かした教育

    東京衛生学園専門学校は1953年創立。約70年にわたり看護教育を継続する中で、国家試験対策のノウハウ、実習病院・就職先との関係を蓄積してきました。理学療法士など他の医療系学科と連携できるのも強みです。
    2022年4月に看護学科2年課程から看護学科3年課程への課程変更を計画中です(2021年3月現在)

  2. 少人数制で一人ひとりを大切に

    定期面談、ポートフォリオの作成・共有など、学生一人ひとりの特徴を踏まえてサポートします。グループワークの授業を多く組み込む等、助け合い、楽しく学べる環境づくりをめざします。「アットホームな校風」が東京衛生学園の大きな特徴です。

  3. 視野が広がるカリキュラム

    看護師としての専門性だけでなく、医療人としてより広い視野を育むためのカリキュラムを組みます。国際看護、地域での暮らしを支える看護など時代のニーズに応じた授業の他、併設学科との連携、ブタの内臓解剖など、本校ならではのユニークな授業も実施予定です。

  4. 臨地実習

    これまでのネットワーク・実績を活かし、大学病院等さまざまな施設で実習に取り組みます。実習中も担当教員が実習地に赴き、学生をサポートします。

    実習施設(予定)

    東海大学医学部付属東京病院、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター、東京慈恵会医科大学附属第三病院、牧田総合病院 等

  5. 国家試験対策

    1年次から模擬試験を実施。3年次には学習レベルでグループ分けをし、個々の学生の特性に合わせた勉強法で指導します。2年課程の実績も活かし、全員合格をめざします。

施設紹介

知識と技術を磨くための充実した施設・設備

看護実習室、在宅看護実習室などの他、専門書の蔵書約20,000冊・専任司書3名の図書室、
自己学習室など自ら学ぶ環境も充実しています。

  • 図書室
    書籍は約21,000冊、ビデオやDVDなど視聴覚資料は約2,000タイトルを所蔵。医学関連の雑誌も多数定期購読しています。
  • 看護実習室
    広々としたフロアに、ベッド・医療機器・リネン・モデル人形などが揃っています。実際の現場に近い環境で看護技術を修得できる実習室です。
  • 在宅看護実習室
    一般家庭を模した環境で、在宅看護の演習を行います。バスルームの他、和室、トイレ、キッチンなどのモデルルームを用意しています。
  • 自己学習室
    個別に区切られたデスクで集中して自習に取り組めます。【利用時間:月~土曜日 9時~21時】
  • PC自習室
    インターネット、プリンタに接続したパソコンを利用できます。求人情報をパソコンで閲覧・検索することもできます。【利用時間:月~土曜日 9時~21時】
  • AVホール
    映像、音響設備を備えた特別教室。シンポジウム、講演会、学術交流会などにも活用されています。

学科概要

看護学科(2022年4月 課程変更計画中)
※現在設置している看護学科2年課程から3年課程への変更を計画中です。

定員 40名(予定)
授業時間 月曜~金曜 9時30分~16時40分(予定)

学科長メッセージ

看護を一生の仕事とするために

看護学校の3年間は基礎教育と言われます。私は看護の基礎を学び、看護師資格を持つことで、看護のスタート地点に立てるのだと思っています。看護を「一生の仕事」として目的意識を持ち、成長し続けることができるように、皆さんが学びたくなる魅力的な授業をつくることが、私たちの目標です。
ナイチンゲールは『看護は犠牲行為であってはなりません。人生の最高の喜びの一つであるべきです』と言っています。私たちと一緒に看護とは何かを考え、追求してみませんか。

看護学科 学科長 小林 里美

東京衛生学園専門学校についてもっと詳しく知る