トップページ VOICE 金子 澄々香

VOICE

リハビリテーション学科・金子さん

高校時代とは勉強の仕方もまるで違います!
スポーツ現場で活躍できる理学療法士をめざします!

理学療法士

金子 澄々香 さん

リハビリテーション学科 2年生
(東京都立広尾高等学校出身)

  • 在校生

入学前は高校生

ケガで苦しんでいる人を支えるために、理学療法士になろうと決めました。

高校では女子バスケットボール部のマネージャーをしていました。
あるとき、同級生のチームメイトが前十字靭帯損傷という大ケガを負ってしまいました。
練習にも参加できず、苦しみながらリハビリに励む姿を見て、何もできない自分にふがいなさを感じ、
「同じようにケガで苦しんでいる人の役に立ちたい」と考えるようになったのです。

スポーツトレーナーの道も考えましたが、チームを指導してくださっていたトレーナーの方に相談したところ、
「これからは医療の現場で活躍できる人が必要とされるはずだ」と教わり、
ケガをした彼女を支えられるような理学療法士になろうと決心しました。

同じ夢を持っている仲間たちと、支え合いながら学べる環境があります。

授業の様子 専門的なスキルを確実に身に付けて、一日でも早く現場を経験したいと考えていたため、
3年間で資格取得をめざせる東京衛生へ入学することにしました。
スポーツ障害に対する運動療法の授業をはじめ、
他の学校では受けられない科目が多数あるということも大きな魅力でした。

入学して1年が経ちますが、振り返ってみると勉強が結構大変でしたね。
でも、同じ夢を持った仲間が周りにいるので「もう頑張るしかないよね!」と
励まし合いながら、充実した毎日を過ごすことができたと感じています。

高校の時と変わったと思うのは、勉強の仕方です。
高校ではテスト範囲内をひたすら勉強する、というような学び方をしていました。
しかし、短期間に複数のテストが集中することもある中で、その方法は通用しません。

クラスメイトと協力しながら、「ここは大事だよね」「先生はこの部分を強調していたよ」
というふうに意見を出し合って、各自ノートにまとめています。
そうすることで、自分が理解している部分を共有しつつも、
そうでない部分を教えてもらえるので、効率よく学ぶことができます。

先生によっては「テストには出さないけど、ここは絶対に知っておかなきゃダメだよ」と教えてくださるので、
そこは確実に身に付けられるように心がけています。

患者さまと信頼関係を築ける理学療法士になりたいです。

これまでに一番印象に残っているのは、5日間の見学実習です。
病院を訪問し、患者さまへリハビリを行っている様子を見学したのですが、
現場の雰囲気や患者さまとのやり取り、そして「チーム医療」とはどんなものかを実際に見ることができたのは貴重な経験です。

そのおかげで、将来めざしたい理学療法士像を明確にすることができました。
それは、患者さまの心に寄り添える理学療法士です。
確かな技術は、もちろん必要だと思います。
そのうえで、患者さまが思っていることを自然と聞き出せるように、信頼関係を築けるようになりたいです。
そのためにも、今授業で学んでいることを可能な限り吸収していきたいです。

東京衛生を卒業した後は、病院で経験を積みたいと思っています。
そして将来、スポーツの現場でも活躍できる理学療法士になるのが、私の大きな目標です。