トップページ 4つの学科 理学療法士 専門学校|リハビリテーション学科トップ

pass_rate.jpg

リハビリテーション学科の3つの特長

特徴1 伝統

学科開設は1979年。これまでの経験・実績を集約させたカリキュラムと経験豊富な教員の指導で、理学療法士国家試験も常に高い合格率を保っています。
また、長年にわたって関係を築いた病院・施設で「臨床実習」に取り組めるのもメリット。就職においても、卒業生約1,800名のネットワークを活かしてサポートします。
>>> 学校の歴史、伝統が育んできたもの

特徴2 解決力

医療現場でさまざまな障がいを持つ患者さんと接する理学療法士は、常に新しい課題と向き合い対応する能力が求められます。
本校ではグループワーク形式の授業や、患者さんや理学療法士を招いてお話を伺う授業などを実施。実習前に行う「SPトランプ」などユニークな授業もまじえながら、「現場対応力」を育成します。
>>> 「現場対応力」を養うキャリア教育

特徴3 3年制

「学校では基礎をしっかり身につけ、資格取得後にスキルアップをめざす」という考えのもとに、3年間で効率良く学べるカリキュラムを組んでいます。
理学療法士の資格取得後も、学校と同窓会が協力し、「症例検討研修会」などの勉強会が開催され、卒業生同士で学び、交流を深める機会があります。
学校の伝統・実績・ネットワークは、卒業後も皆さんの成長を支え続けます。
>>> なぜ3年制なのか?

リハビリテーション学科新着情報

在校生データ

幅広い年齢層の学生がともに学んでいます

平均年齢(2018年度1年生)

リハビリテーション学科
1部(昼間)

22

最年長:38歳
最年少:18歳

学生データ(2018年度1年生)

graph.jpg

学科長 鈴木正則

リハビリテーション学科
学科長 鈴木正則

真に活躍できる理学療法士になろう!

理学療法士は病気や怪我などによってもたらされた障がいに対して、身体機能の改善を図ると同時に、その人の生活を支援しようとする専門家であります。したがって、従来から病院や施設といった医学的分野で活躍をしていますが、最近では超高齢社会を支えるべく介護予防分野での役割を担うことや、あるいはスポーツ分野での活躍も期待されてきております。

このように理学療法士の必要性や可能性は拡充してきておりますが、その中で真に活躍するためには、逐次変化する状況において適切に対応する力、現場対応力が必要になってきます。そうした現場対応力を習得するためには、専門的な知識・技術だけではなく、人と人との関わりの中で問題を解決しようとするコミュニケーションスキルも必要となってきます。

東京衛生学園専門学校 リハビリテーション学科では知識・技術を提供することはもちろんのこと、セミナー形式の授業やグループワークを多く取り入れています。そうした授業形式を通じて、主体性、協調性を有したコミュニケーションスキルが習得され、人と人とのかかわりの中で問題を解決しようとする現場対応力が身につきます。現場で真に活躍できる理学療法士になりたい方々を全力でサポート致します。

restart.jpg

2025_ext_01_0.jpg

  • icon_line.png
  • icon_facebook.png
  • icon_insta.png
  • icon_twitter.png